FC2ブログ

作中(ゲーム版)で“ギャラクシーエンジェル”と呼称するのは『GAEL』の3シーン。タクト(2シーン)、各ヒロイン、シヴァ女皇陛下の3人が使用。

ギャラクシーエンジェル

ゲーム版における“ギャラクシーエンジェル”
という呼称について過去に書いたつもりだったのですが、
改めて確認してみたところ…
『エルシオールのクルー』という記事の
タクト・マイヤーズに関する項目の中で、

「第二次ヴァルファスク大戦後期の
 最終決戦前にムーンエンジェル隊の事
 “ギャラクシーエンジェル”と呼んだのがタクト。
 実は、作中においてこの呼称が用いられるのは、
 後にも先にもこのワンシーンだけである。」

とだけ記載していました。
ワンシーンでは無い旨について、
どこかで言及したつもりだったんですが…はて?
ということで改めて説明。

ゲーム版1期3部作、2期3部作を通して、
MA隊(ムーンエンジェル隊)・RA隊(ルーンエンジェル隊)の事を
作品タイトルでもある“ギャラクシーエンジェル”で呼称したのは、
確かに作品としては1期3部作の3作目
『ギャラクシーエンジェル Eternal Lovers』
のみだったかと思います。

但し“ワンシーンのみ”ではありません。
以下の3つのシーンでこの言葉が用いられています。

各ヒロインとの最終決戦前のデートシーン

惑星ヴァル・ランダルでの最終決戦を前に、
ヒロインタクトによる星空デートシーンがあります。

場所はエルシオール銀河展望公園
天井スクリーンに投影されていたのは、
EDENライブラリで見つかったヴァル・ヴァロス星系の星空。

そこでヒロインが、ムーエンジェル隊として白き月を守っていた自分達が
まさかこんな銀河の果てまで来て、
銀河を守るために戦う事になるとは…と、
感慨深げにしていた様子を見ていたタクトが、

「銀河を守るか…。
 そういうことなら、せさしずめ○○(ヒロイン)たちは…
 ギャラクシーエンジェル…っていったところかな。」

ギャラクシーエンジェルという呼称1
ギャラクシーエンジェルという呼称2

とヒロインに告げます。
これが“ギャラクシーエンジェル”という呼称が
初めて用いられたシーンになります。

尚、ゲーム自体はフルボイスではありますが、
プレイヤーでもあるタクトだけは、
プロローグの一部若しくはSLGパート
戦闘開始・終了時以外には音声はありません。

なのでタクトのセリフであるのは確かですが、
はじめてこの表現が用いられた際、音声はありませんでした。

そのため、音声付きで初めてこの呼称を発したのは、
タクトのこの言葉を受けた各ルートヒロインという事になります。

(※以下、ミルフィーユルートの場合の反応)
ギャラクシーエンジェルという呼称3
ギャラクシーエンジェルという呼称4

最終決戦の初戦SLGパート開始時

惑星ヴァル・ランダルでの最終決戦は、
“ヴァル・ファスク本星決戦”(SLGパート7-1)と
“ゲルン艦破壊”(SLGパート7-2)の2連戦になります。

この初戦のSLGパート7-1開始直後、
戦闘開始前にタクトエンジェル隊に向けて言ったセリフが、
最も有名の名セリフとして残るワケです。

「これは最後の戦いであり、
 同時に、決して負けられない戦いだ。
 それがどんなに大変な事かはよく分かっているつもりだ。
 それでも…敢えて言わせて欲しい。
 オレたちの生きるこの銀河を守ってくれ、ムーンエンジェル隊…。
 いや…ギャラクシーエンジェル!!」

ギャラクシーエンジェルという呼称5
ギャラクシーエンジェルという呼称6

タクトが発したセリフとしては2度目。
タクト自身のセリフで音声付きとしては初となります。

友を信じるシヴァ

ゲルン艦破壊後にクロノ・クェイク爆弾(ボム)が起動。
ノアが破壊は不可能と告げた事で、
成す術無しと知ったシヴァ女王陛下が取り乱してしまいます。

それをシャトヤーン様に戒められるシーンがあります。
そして滅びと必死に戦っている友を信じなさいと告げられ、
冷静さを取り戻したシヴァ女皇陛下が…

「マイヤーズ…そして、ギャラクシーエンジェルよ。
 このシヴァ、最後の瞬間までそなたたちを信じよう!」

ギャラクシーエンジェルという呼称7

と、エンジェル隊の事をギャラクシーエンジェルと呼びました。

タクトが2回言ってる事は覚えてましたが、
シヴァ女皇陛下も言ってたってのは、正直忘れてました(苦笑

【PR】
デスクトップアーミー ソードアート・オンライン
(3個セット) (フィギュア)
 ↓↓↓↓↓


桐須真冬 バニーVer. (フィギュア)
 ↓↓↓↓↓


ねんどろいど 天宮さくら (フィギュア)
 ↓↓↓↓↓


ココア(Cafe Style) (フィギュア)
 ↓↓↓↓↓



人気ブログランキング

【PR】


スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック